社内での情報共有ツールで仕事の質を高めよう|管理を丁寧にするコツ

メンズ

株式上場のために

オフィス

監査法人は、株式上場を目指す会社に対して、そのサポートを行うという仕事をしている。日本の経済社会の発展のために欠くべからざる仕事であると言っていい。会社を大きくしてくれる仕事なのである。

» 詳細へ

学校と監査法人

電卓

監査法人は株式会社だけでなく、「学校法人」も相手にしている。学校法人とは幼稚園から大学校までのうち「私立」の経営主体である。少子高齢化が叫ばれる今、学校経営を支えるこのサービスも見逃すことは出来ない。

» 詳細へ

会計監査の仕事

ネットワーク

会社を数字で表現

監査法人の主な仕事のひとつが、会計監査というもの。これはひらたく言えば「社内の経営状況を数字で情報共有する」というものである。特に株式会社に対して求められているこの作業は、現代の資本主義社会が成り立つためには必須のものであるとも表現できるだろう。なぜなら、株式会社の経営状況を数字というごまかしの効かない、曖昧なところのない絶対的なモノをもとに表現することで、さまざまな株式会社の株を売り買いする資本家や投資家の動きがスムーズなものになる。彼らが安心して株を売り買いできる状況があることで、社会の中でうまくお金が回るようになる。監査法人の仕事によって、この社会は支えられている部分が大きいのである。また、会計ツールでは足りない部分をカバーしたいときに欠かせない存在にもなる。

財務諸表を見ること

会計監査とは、具体的にはどういう仕事かというと「財務諸表を見る」ということである。株式会社が一定期間を置いて定期的に作成する財務諸表は、損益計算書や貸借対照表といった書類から成る一連の書類の束であり、要するに社内へ出入りするお金の動きや額面について記録したものである。利益が入ったり損失として出て行ったり、お金はひとつの会社をめまぐるしく出入りするが、その動きのすべてが会社の経営状況というものを表すツールとなり得る。会計監査という仕事は、その書類の束をまとめて見て、実際の経営状況と照らし合わせてみて正しいものであるか否か、判断するというものである。監査法人がしっかりと数字で表された会社の経営状況を判断することで、資本主義社会は健全なものとなる。高い専門性と情報共有が求められる仕事なのである。

健全な会社を作る

システム

会社、とりわけ「株式会社」というところに求められていることは何でしょうか。それは健全であること。そのために必要なのが会計監査を受けるということ。監査のプロフェッショナルにおまかせすれば、スムーズに進めることが出来ます。

» 詳細へ