アルミ鋳物や專門成形技術で思い通りの加工物作成!

男性

成形方法の種類

プラスチック容器

プラスチックの成形方法はいくつか種類があり、一般的には射出成形とブロー成形に別れます。射出成形は精度の高い成形に特化していて、ブロー成形は中空成形に特化しています。ペットボトルなどはブロー成形で作られています。

»読んでみよう

カッティングを依頼する

アクリル

アクリル板は加工がしやすいプラスチックですが、加工方法にコツが必要で、安易に加工してしまうと目的とする加工ができないことが多々あります。專門の業者ではレーザー加工機などを用いて精度の高い加工が可能になります。

»読んでみよう

アルミ鋳物とは

アルミ

古くからある金属を整形する方法として鋳造と呼ばれる技術があります。鋳造とは砂などを用いて整形したい型を作り出し、この型に溶けた金属の液体を流しこむことで固め、整形していく古来からある成形方法です。鋳造は非常に古くからあるものの未だに利用される素晴らしい成形方法であり、近代ではアルミなどを原料にした鋳造も行われています。鋳造で成形した成形物の事を鋳物と言い、アルミで鋳造することで出来上がる鋳物はアルミ鋳物といいます。アルミ鋳物を作り出すためには鋳造が必要ですが、アルミは柔らかい金属でもあります。そのため通常の流しこむ鋳造ではなく、ダイカストと呼ばれる高圧鋳造が行われます。
ダイカストは鋳造方法の中でも比較的精度の高い成形方法として知られています。非常に圧力の高い状態で溶けた金属などを金型に充填し、この充填した状態の金型を冷やすことで成形を行っていきます。ダイカストは高い圧力で充填するため隙間ができない型通りの成形を行なうことが出来る事でも知られています。アルミ鋳物を作る時は大抵ダイカスト方を用いて成形を行なうため、アルミ鋳物では最もポピュラーな方法としても知られています。ダイカストを行なうためにはそれなりの設備が必要で、簡単に行うことが出来るわけではありません。そのためどうしてもダイカストで鋳造を行いたいという場合は專門のアルミ鋳物業者に依頼を行う必要があります。基本的に金型から作り出す必要が有るため、価格は高くなる傾向があります。ただし大量生産を行なうときなどはコストが下がるため非常に魅力的な成形方法でもあります。最低でも1000ロットでの依頼が必要になってくるため、依頼時はしっかりと見極める必要があります。

プラスチックのパイオニア

資材

タキロンはプラスチックのパイオニアとして知られている企業ですが、残光材と呼ばれる光源が無い状態でも自律的に光らすことが出来る材料なども開発しています。防災サインや減災標識に用いられています。

»読んでみよう